header1  

会社案内

〒322-0072
栃木県鹿沼市玉田町66-2

TEL:0289-65-2558
FAX:0289-65-4464

Mail:info@suzuka-ks.co.jp
FB:https://www.facebook.com/suzukawood/
TWITTER:https://twitter.com/suzukawood
 

 

業務内容

オリジナル製品の企画・開発・制作・施行までトータルに展開しております。

旧家の木材をリメイクした家具などの作成からちょっとした木材のカットまでお気軽にご相談下さい。

 

コンテンツ一覧

HOME»  木製家具が子供に与える影響とは?

木製家具が子供に与える影響とは?

天然木の香りや木製家具独特の手触りは、人間の手で作られたプラスチックや、金属では感じることのできない感覚です。癒しの効果も期待できる木製家具は、お子様がいるご家庭には特におすすめです。
こちらでは、木製家具が子供の成長にどのような影響を与えるのかをご紹介します。

五感と木

五感は、聴覚、視覚、味覚、臭覚、触覚という生まれ持った感覚のことを言います。人間は2歳を過ぎた頃から6歳頃までの間に、五感が急速に発達すると言われています。この時期に、五感を刺激するものにたくさん触れさせてあげることが大切です。

五感から受け取った感覚を、快と感じるのか不快と感じるのか、または不安と感じるのか安全と感じるのか。こういった五感の働きは、人が生きていくうえで欠かせないものなのです。人や自然のものと関わることで、感性が豊かになります。

最近では、子供家具や子供のおもちゃにも天然木を使用しているものが多く、多くのお父さんやお母さんに選ばれています。

木のある生活

「木育」という言葉を聞いたことがありますか?「木育」とは、北海道庁が発祥で「子供をはじめとする全ての方々が、木に触れあい、木に学び、木と共に生きる」ということを学ぶ活動を指しています。

幼い頃から木材を使った製品に触れさせることで木材を通して、「知育」「体育」「道徳」の3つを効果的に育むことができます。木製椅子や木製テーブル、木製棚、木製ベッドなど、お子様の成長に合わせて木材を使った製品を生活空間に取り入れてみてはいかがでしょう?

栃木県鹿沼にある当社では、木の温もりをそのままに、機能性も兼ね備えた木製家具のオーダーメイドを承っております。新建材を使ったものから、建て替えの際に出た廃材を再利用したものまで、幅広く対応しております。当社では、木製家具だけでなく、木製建具のオーダーも可能です。オーダーメイド家具のことなら、ぜひ当社「鈴鹿木工」にご相談ください。