header1  

会社案内

〒322-0072
栃木県鹿沼市玉田町66-2

TEL:0289-65-2558
FAX:0289-65-4464

Mail:info@suzuka-ks.co.jp
FB:https://www.facebook.com/suzukawood/
TWITTER:https://twitter.com/suzukawood
 

 

業務内容

オリジナル製品の企画・開発・制作・施行までトータルに展開しております。

旧家の木材をリメイクした家具などの作成からちょっとした木材のカットまでお気軽にご相談下さい。

 

コンテンツ一覧

HOME»  テーブルの起源について

テーブルの起源について

食事をする時やくつろぐ時、仕事をする時など、テーブルは私たちの暮らしの中で欠かすことのできない家具のひとつです。そんな身近な存在であるテーブルの起源について、こちらでは紹介します。

家具の誕生

そもそも家具というものが発生したのは、古代エジプトの頃だったといわれています。
当時は日常生活の中で使われる物の保管や収納のために、大きな箱が使われていました。
保管庫として用いられていたこの箱こそが、様々な家具発生の原点だと考えられているのです。
食事をする時は食卓として、腰かけて休む時は椅子として、そしてある時は寝床としても用いられていました。保管庫だった大きな箱の延長が、収納ボードやテーブルに変化していったのです。

テーブルの誕生

テーブル(table)の語源は、ラテン語で「板」を意味する「タブラ(tabula)」からきています。
現存する世界最古のテーブルは、古代エジプト時代の木製テーブルとされており、板切れに脚をつけたものがテーブルのルーツとされています。このテーブルは現在のダイニングテーブルとほぼ同じ構造で、長方形の板を4脚の角柱で支えており、脚の部分には補強材が用いられていました。

日本の一般家庭でテーブルが使用され始めたのは、1950年あたりからです。それまでちゃぶ台と座卓を使用していた中、戦後の公団住宅でダイニングキッチンが提唱され始め、同時にダイニングテーブルも浸透していきました。

用途に合わせて進化

天板をしっかり支えることができていれば、基本的にどのような形であってもテーブルとして機能します。
設置する場所や用途、使用する人数によって天板を畳んだり伸ばしたりできるタイプのテーブルや、複数のテーブルを重ねて収納できるタイプなど、テーブルは時代とともに様々なタイプが考案されてきました。
現代では、木製家具へのこだわりやオリジナリティを求めて、オーダーメイド家具や木製テーブルを求める方も増えてきています。

栃木県鹿沼市にあります当社では、木製ダイニングテーブルやイス、棚といったオーダーメイド木製家具の企画制作・販売までトータルで行っております。生活の中で木のぬくもりを感じられるオーダーメイド家具をお求めでしたら、当社へご依頼ください。